新潟の小さくて大きなお祭り(2018年8月26日レポート)

電子チケットがお得です!
チケット購入は、こちら

 

まずはやってみる

ありがたい事に、毎年恒例の素敵なお祭りに僕は、毎回誘って頂けます。

どんなイベントでも参加するべき!と、僕は思っていて、他のアーティストの人にも是非ともトライして欲しいです。

 

この、「こばりのき祭り」はまさに、良い例だと思うんです。

 

初めは小さいお祭りに誘っては悪いと思っていたbyくにさん

僕のヘビーリスナーさんの「くにさん」に、ツイキャスで何かの配信をしていた時に連絡があり、どんなに小さいお祭りでも、くにさんの町内会だもん行くよ!と、そんな会話から、新潟に行く事になったんです。

 

近所の電気屋さんと紹介された、鎌倉さんは、すごい人でしたw

鎌倉さんのバンド  so nice

そんなことも知らずに、初めて行ったのは、2014年の夏の終わり。

当時、こばりのき祭りはカラオケ大会主体のお祭りで、音響をやっていた鎌倉さん。

思う事は、色々あったのだと思います。

そこにご自分のバンドso niceと、僕と、確か女性のシンガーさんと3組でライブをやっていたっけ?

その時の印象は、カラオケ大会主体のところに、本当はフェスのようにやりたい鎌倉さん達は、実験的に段階的に音楽の生演奏をやろう!というものだったような感じで、、

僕は、えらい、お役に立てたようでした。←勘違いかもしれない。

 

とにかく、良い音で、、

僕は当時こう言っていた。

「フジロックの苗場食堂のライブみたいだ」

タクをいじってくれていたのは、当時から変わらない、マンダムスの大脇さんなのだから!

あとあと、じんわり、僕は、この凄さを知る事になるw

 

その時から、マンダムスの石田さんは、お客さんとして来ていました。

ある時、マンダムスも出るようになったのは、鎌倉さんの判断力でしょうか。

要するに、お祭りがパニックになるかどうか?の部分も考えていたのではないか?と。

 

今回は雨の為初めて会館の中で開催

こう言うのも良いよねー。

わざわざ、室内に観に来てくれる人がいるのか?不安でしたが、意外にも中にたくさんの人が。

でも、僕の時より、他の演者さんの時の方が、お客さんは多かった。

はっきり言って悔しい

これは、成長のタネだと思います。

プロには、敵わないよー。で、終わらせてはだめ。

いつか、僕も認知されて行くまで、ガンガン勝負かけないと。

勝てそうもない相手だから、パワーになるんです。胸を借りる思いで!

 

「来年もよろしく」また呼んでくれる嬉しさ

 

とにかく、僕なんかの演奏でもお役に立てば、どんな環境でもやるスタイルが、かっこいいし!
意外に地方はこう言ったクオリティーの場面が多いので、自分の今後の勝負にも役立っています。

新潟の皆様!ありがとうございます!

 

PS

会場に、三線の「きよ里」さんが観に来ていました。

僕が一方的なファンでしたので、話しかけるのを緊張したのは、ここだけの話でw

なんと、きよ里さん、僕の演奏を観て、褒めてくれていたので、ホッとしたのと同時に、心ざわめいてましたww

僕のあと登場した、とんちピクルスさんが、強烈すぎてww

きよ里さんは、とんちピクルスさんと、ご一緒に三条の方でライブをやるらしく、フライヤーを配ってました。

LIVE

 

No Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください