Spcial Thanks12「生放送で出来たリスナーD-Crew」

僕の大切なリスナーさんです。

ツイキャスでは、一時期どこの放送に行っても僕の曲がバックに流れてた時期があります。
嬉しかった。ww

中でも、のちにD-Crewとなるメンバーとは、たくさんの時間を共有して、僕が音楽やめようとしていた時に、聴いてくれていたので、やめずに済んだ事もあったり。
僕のパワーの源はやはり、D-Crewです。

帯広のクマさん、栃木のふーたん、京都のトモ蔵さん、新潟のくにさん、岡山のあきちゃんとシビちゃん、埼玉のドリくまさんとひまわりさん。
みんなファミリーで僕の曲を聴いてくれている。

家族ぐるみだね!

今回のホールワンマンの写真を撮ってくれたのが札幌の「詠」さんで、詠さんとは、だいぶ初期の5年くらい前からの知り合い。(ネットではw)
かなりかっこいいデザイナーさんで、生放送からの出会い。
すごい時代になったよね。

生放送のきっかけで、出会ったみんなは、だいたい遠くに住んでいる。

でも、会いに行くと、涙して喜んでくれたり、本当に好かれているんだなーと、ちゃんとしなきゃ!と、気持ちが引き締まります。

今回もそうだけど、みんなの応援によって成長させてもらっているんです。

生放送では様々なことが展開されたけど、、今もなお、僕と時間を共有して付き合ってくれている人たちには本当に感謝ですし、ある種の絆があると感じます。

クマさんが、まず、、僕の路上演奏の中継をいつも聴いてくれてて。
そのうち、トモ蔵さん、くにさんと増えて行きましたが、それぞれ、僕の本当にキツイ苦しい時期に力になってくれていて、、今もなお聴いてくれているのが凄い濃厚だし、嬉しいこと。

放送を当時からやってたミュージシャンは少なく、僕の周りでは、蓮根まゆさんくらいかもなー。

ものすごい、力になっているんです。

岩国の超NO力さんなんかは、もともと三河のキクちゃんのファンで、U;taのファンで、僕のようなもののファンではないはずが、なんだか、いつも遊ぶ相手になってたり、、三河のキクちゃんのお店に合流したりとか、、、ww

色々やったよなー。

良かったことは、僕が会いに行くことができる環境だったこと。
週末に18切符で、乗り継いで、ライブやら、路上やら、しに行けたこと。

日本全国歌い歩きました。

その一部を紹介します。

 

「新潟に初めて行く時、、くにさんしか知人がいなかった新潟」

本当は、京都ストライダー会場にいるトモ蔵さんのところに初めて会いに行くのが、目的で、サプライズで新潟にいるはずの僕が、京都にいたら驚くかな?と、D-Crewのみんなに相談し、仕掛けて喜んでもらったわけだけど、、、。
新潟を夕方に出れば、日本海側を回って鈍行でも朝一に京都に着くと行った、タイムスケジュールで。

今なら大したことのない鈍行の旅。

福井のネットカフェに、奥さんのみゆきさんと泊まったんだけど、僕にとっても、きつい列車の長旅だったから、当時のみゆきさんは、疲れたはず。ww
京都のホームの立ち食いで昆布うどんをすすってw

その時に、新潟の路上演奏で出会ったのが、、、、みさきさんで、みさきさんのお店に僕を後日Liveで呼んでくれなかったら、落合みつをさんとも出会えなかったはず。と、なると、ハヤミイワオくんにも出会えなかったことになるね。

落合さんが居なければ、僕は、お客さんに話しかけに行くことができない成長しない天狗アーティストだったろうし。
新潟ゴールデンピッグスにも出演できなかったろうし。
ハヤミイワオくんに出会えなければ、僕は、親父の田舎いわきに震災後、未だ行けないで居ただろうし。

そしてその、みさきさんのお店でやっと会えたのが、りさちゃん。

りさちゃんが居なければ北茨城の磯原パンプキンでの出会いも、神楽坂のマッシュレコード神田牧場でのコンサートも実現しなかった。

うあwーーーwいっぱい色々ありすぎる!

くにさんが居なければ、新潟に行かなかったことを考えると、ぞっとするくらい出会っているね!

くにさんが居なければ、こばりのき祭りにも出れなかったし、と、なると、、、マンダムスや鎌倉さんとも。ツミキさんにも出会えなかった。

新潟、まだまだあるぞーww

きっかけは、京都のトモ蔵さんから、通過でごめん!の新潟のくにさん。
これだけで、こんなに出会っている。

そんな、くにさんも、きゅりあんホールワンマンに新潟から見に来てくれる。

栃木からふーたん、埼玉からドリクマさんもひまわりさんも。

一年前一番最初にチケット買ってくれたのは、やはりリスナーさんです。

僕は、リスナーさんのおかげで、責任感を強く持て。成長して行くんです。
今後も楽しみだね、クルーのみんな。

心を込めて、ありがとう!
Dai-Go!Low